姓名霊視鑑定士・美麗が占う2021年の運勢

わずか5歳で年賀状の名前を見ただけで親戚の妊娠を言い当てたという驚異の経歴の持ち主、美麗先生に、2021年の世相と運勢、生活上のアドバイスまで占ってもらいました。

美麗 プロフィール

幼少の頃より、会ったこともない祖父の性格や口癖を話し出したり、親戚の妊娠を言い当てるなど、「名前」から本質や運命を見抜くという能力を発揮していた。家族や友人から相談を受けたときのみ鑑定を行っていたが、あまりにも的中率が高いために周囲で話題となり、知り合い以外からも鑑定依頼が殺到するようになる。その噂を聞きつけた大手占いの館からスカウトされ、プロの道へ進む。
 
どんな相談内容でも的確な答えを導き出し「当たる」のはもちろんのこと、相談者の心を解きほぐすカウンセリングのような鑑定スタイルで人気となる。数多くの世界的事件についても予言・的中させた実績があり、大企業や政治関係者からの依頼も多い。

池袋 占い館セレーネ https://selene-uranai.com/

2021年の世相

皆様こんにちは、美麗です。2020年は過去経験したことのないウイルスにより、奇しくも世界が一体感を持つという年でしたね。そんな中で迎える2021年上半期の予想をしてみました。
 
まず正直に感じるのは「強気で引っ張る」というよりも「維持するちから」を引き続き試されるのかな。と思います。
 
それはともすると強者対弱者という二極のイメージを抱きがちですが、そうではなく、 それぞれの立場にいる者が、それぞれに与えられた役割を粛々と進めていく。といった感じです。
 
ですから、目に見えて動きたいタイプの方にははがゆく感じられますが、普段は目立たず日々淡々と過ごしている人達の「静かな強さ」がクローズアップし、立場の逆転といったものが見られるかもしれません。
 
「静かなチャンス」とでもいいますか、今までの強硬路線から協調路線への変更に大きく舵を切る可能性もある気がします。 そしてこれを皆さんが目にする頃にはアメリカ大統領選にも道筋が立ち、世界もそのタイミングで新年を迎え「新しい事」に対して前向きに捉えやすくなるのではないか、と思っています。
 
経済で例えるならば、積極的に消費を求められる側と、慎重に守り固める側それぞれの立場が明確になり、よりバランス感覚が大切になる気がします。
 
それは「どちらかが必要で、どちらかは不必要。」といったかたよった感覚だったり、「どちらが優れていて、どちらかが劣っている」などでもなく、 それぞれが「大切な個」であることを再認識し、尊重することで乗り越えられるような気がします。
 
一見その動きの方向性はバラバラに見えるかもしれませんが、各個人がそれぞれの目的に向かって動いているのであれば、お互いの想いを尊重することによって、最善の道が見えてくるような気がします。
 
2020年は人類が未だ経験したことのない未知なるウイルスの出現により、悲しみに襲われ、見えない先行きを不安に思う方々が多くいらっしゃったと思います。
2021年上半期はそこから少しずつ「道」や「光」といったものが見え始めるのでは。と思います。 未知のウイルスの前に「それぞれが一番良かった時代」に想いを馳せることもあったかもしれませんね。
 
悲しい出来事に会った時、その悲しみに浸る時間もとても大切だと思います。でももし「そろそろ」と想えたら、何とか髪の毛にブラシを入れてみて下さい。それができたらシャツも着替えてみて下さい。
ウイルスもある意味生きようと戦っているのです。もし自分を哀れむ時間に疑問を持ち始めたのであれば、その自分にOKを出して欲しいのです。
 
この時期はこういった、ちょっと自分以外の誰かにはわかってもらえないような、一見地味な作業を強いられるかもしれません。ですが、その日々の「地味な作業」こそが、どこか誰かのちからとなる、とても大切な作業だということを信じて欲しいのです。
 
ここまで読んで下さった方に心から感謝致します。 そして来る2021年が皆様にとり良い年でありますようお祈り致しております。
 
2020年12月吉日 美麗

2021年の占いはこちらから

新着占いはこちら